金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~感想

金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~感想,アイキャッチ画像
この記事の所要時間: 539(文字数:3,394文字)

11年ぶりに「大奥」が金曜プレミアムスペシャルドラマで復活。2016年1月22日と29日の2週にわたって放送。主演は沢尻エリカ。今回は、第二部~悲劇の姉妹のレビュー記事を投稿する。時代背景は、11代将軍・徳川家斉の青年期。第一部の「悪女」とは違い、沢尻エリカが第二部では「聖女」を演じる。大奥での姉妹の闘いを描く。。

こんにちは、こんばんは、はじめまして、毎度です(笑)。aoplanning.comの管理人aki(@aoplanning_com)です。

歴史好きの管理人が好き勝手に記事投稿します(笑)。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~キャスティング

2016年1月29日、フジテレビにて放映。

以下に、主なキャストをあげときます。

  • 梅:沢尻エリカ
  • 歌:蓮佛美沙子
  • 中野清茂:板尾創路
  • 酒井忠康:温水洋一
  • 寔子:光浦靖子
  • 大月兵吾:渡部秀
  • 吉田源一郎:久保田秀敏
  • 葛岡:鷲尾真知子
  • 吉野:山口香緒里
  • 浦尾:久保田磨希
  • 徳川家斉:成宮寛貴
  • 大崎局:浅野ゆう子

「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~

金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~感想,画像01

時代背景は、オットセイ将軍こと江戸幕府の11代将軍・徳川家斉(成宮寛貴)の青年期である。主役は旗本・酒井忠康の娘である梅を演じる沢尻エリカ。

家斉は、正室・寔子(ただこ)(光浦靖子)との仲が良くなく、毎晩違う女中に手をつけていた。がいまだ世継ぎには恵まれていなかった。

そこで側近の中野清茂(板尾創路)は、美しいと評判の酒井忠康(温水洋一)の娘を浜御殿での宴で家斉にお目通しするよう命じる。

娘とは二人姉妹である。姉・梅(沢尻エリカ)と妹・歌(蓮佛美沙子)。姉の梅は、美人であり、純粋で心が優しい持ち主、妹の歌は、武芸をたしなみ、男勝りで気性が激しいという設定である。

美しいと評判であることに目を付け、姉・梅(沢尻エリカ)と妹・歌(蓮佛美沙子)を浜御殿での宴で家斉にお目通しするよう命じる。

浜御殿での宴がおわって、大奥入りを命じられたのは、姉の梅だった。家斉から優しくされ、梅は家斉の子を身ごもる。

懐妊した梅を、妹の歌が見舞う。敗北感と姉に対するライバル心から歌は、家斉に近づき、思惑通り大奥入りを命じられる。

梅が産んだのは姫君だった。落胆した家斉は、次第に歌を寵愛するようになる。ほどなくして歌が懐妊。姉の梅も懐妊!

梅の懐妊に嫉妬した歌は、梅の子が流れるように薬を飲ませるのである。こわっ。梅は流産してしまう。これが若君だった!

なんと歌の懐妊は、「想像妊娠」で狂言であった!激怒した家斉は歌を牢に閉じ込める。

そして妹の不始末に責任を感じた姉の梅は自害してしまうのである。。

「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~レビュー

第一部の「悪女」とは違い、第二部では「聖女」を沢尻エリカが、好演している。。エリカ様は健在である!

やっぱすごくキレイですね!第一部に続いて管理人は惹きこまれてしまいました(笑)。

が第一部の「悪女」のほうがよかったな~。ツンとしてる役のほうが沢尻エリカが生きるよね、やっぱり!!だから悪女の設定を第一部にしたのかな??(笑)。

第二部でも、光浦靖子演じる家斉の正室、寔子(ただこ)は健在である(笑)。

そして「スリーアミーゴス」の鷲尾真知子、山口香緖里、久保田磨希も健在である(笑)。これがなくっちゃ大奥じゃない(笑)。

オットセイ将軍・徳川家斉も、なかなか世継ぎ、出来なかったんだねー。最初からバンバン出来たのかと思ってた(笑)。

お梅の方

沢尻エリカが演じた「お梅の方」について。

真性院(しんしょういん)。生年不詳~ 1794年6月28日(寛政6年6月2日)。江戸幕府の11代将軍・徳川家斉の側室。俗名は梅。幕臣・水野忠芳の娘。

1794年(寛政6年)5月9日、家斉との間に端正院を出産するが同日のうちに夭折。端正院は三男になる。お梅の方自身も同年6月2日に死去。戒名は真性院清香如蓮大姉。

お歌の方

蓮佛美沙子が演じた「お歌の方」について。

宝池院(ほうちいん)。生年不詳 ~ 1851年9月2日(嘉永4年8月7日)。江戸幕府の11代将軍・徳川家斉の側室。名は宇多。歌、満天、鷹とも。父は水野忠直。

家斉との間には四男・敬之助、六男・豊三郎、六女・五百姫、九女・舒姫をもうける。がいづれも早くに亡くなっている。

史実では、お梅の方とお歌の方は姉妹ではありません

第二部での正室、寔子(ただこ)様

徳川家斉の正室、寔子(ただこ)をオアシズ・光浦靖子が演じている(笑)。

第一部では、ほとんどセリフがなかったが、第二部では少しだがセリフがある。そして家斉と寔子(ただこ)の回想シーンがある。。

笑っちゃ悪いが(笑)。やっぱわらってしまう(笑)。

でも考えてみると、光浦靖子のキャスティングは「ふかーい」かもしれない。。主役の沢尻エリカは引き立つし!!存在感大きいかも??(笑)。

途中からは、正室、寔子(ただこ)様を気にして視聴してる自分がいたもんなー(笑)。なんていっても正室だもんなー(笑)。

光浦ガンバレ!!!

「大奥」、第二部~悲劇の姉妹~視聴率

沢尻エリカ主演の金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」第二部~悲劇の姉妹~の視聴率が発表された。平均視聴率は9.2%。

わずかに第一部(9.6%)のが、よかったかーwなんともいえず。。

第一部同様、裏番組にジブリがないのにとか、叩かれようひどいなー。。

またもや、う~ん、キビシイねー。。

関連記事

関連記事リンクをまとめてみました。よろしかったらご利用ください。

11代将軍徳川家斉とは?スペシャルドラマ「大奥」での上様
江戸幕府の11代将軍徳川家斉について。管理人の印象は、享楽的な暮らしぶりを好み、幕政をかえりみず、子沢山の「オットセイ将軍」のイメージ。征夷大将軍在位は50年と長い。明治期の文献には「藤原氏にあらずして位人臣を極めた者といえば足利義満・豊臣秀吉・徳川家斉・伊藤博文」という趣旨の記載もあるようだが。。
徳川御三家、徳川御三卿からの征夷大将軍就任
一般的には徳川御三家が尾張、紀州、水戸の三家、徳川御三卿は田安家、一橋家、清水家の三家である。御三家は親藩のうちで最高位にあり、将軍家や御三卿とともに徳川姓を名乗ることや三つ葉葵の家紋使用が許された。御三家、御三卿を調べながら、御三家、御三卿から征夷大将軍に就任した人物の記事投稿をしてみたいと思います。
徳川家斉の正室、寔子(ただこ)、広大院。晩年は「従一位」を授かる
江戸幕府の11代将軍・徳川家斉の正室、寔子(ただこ)。金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」では光浦靖子が演じる。調べてみるきっかけになった。事実上、はじめて外様大名からの輿入れで、その流れは13代将軍・徳川家定の御台所、天璋院篤姫と続く。晩年は「従一位」を授かり、「一位様」と呼ばれるようになる。。

まとめ

全体的には、第一部~最凶の女~、第二部~悲劇の姉妹~どちらも面白かったです!

が管理人の好みとなるが、第一部~最凶の女~のほうがよかったな~。。

しかし、金曜プレミアムスペシャルドラマ「大奥」の主役沢尻エリカが綺麗すぎます!別にファンではないんですが、惹きこまれます!!機会があれば視聴してみてください。。

それでは感謝の気持ちでしめます。いつもありがとうございます。。。by aki(@aoplanning_com)

お読みくださってありがとうございました。それでは。

スポンサーリンク

フォローする(Push7もあります)

コメントの入力は終了しました。