会津征伐。直江状により上杉征伐を決意、関ヶ原の戦いの幕開け

会津征伐。直江状により上杉征伐を決意、関ヶ原の戦いの幕開け,アイキャッチ画像
この記事の所要時間: 940(文字数:5,803文字)

太閤・豊臣秀吉の死後、豊臣政権の五大老筆頭・徳川家康は台頭した。ことごとく秀吉の遺命に背いた。勝手に諸大名の屋敷を訪れ、諸大名との縁組を行った。石田三成襲撃事件・徳川家康暗殺疑惑事件により、政敵・石田三成、前田利長を追い落とした。次のターゲットは、会津の上杉景勝。しかし会津征伐の真の狙いは・・・。

こんにちは、こんばんは、はじめまして、毎度です(笑)。aoplanning.comの管理人aki(@aoplanning_com)です。

太閤・豊臣秀吉の死後から会津征伐・小山評定までを徳川家康を中心に記事を書きます。

歴史好きの管理人が好き勝手に記事投稿します。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

会津征伐

会津征伐(あいづせいばつ)。「上杉征伐」「会津攻め」とも称される。

1600年(慶長5年)、豊臣政権の五大老筆頭・徳川家康により行なわれた会津の大名・上杉景勝征伐のこと。

会津征伐が関ヶ原の戦いの幕開けとなった。

会津征伐を起こされた理由としては、

  • 上杉家は、城地と領民を一元的に支配していた戦国大名の性質を克服できず、新たな領国(会津)の経営に執着した。
  • 家康統治の新体制への対応をなおざりにするという政局認識の甘さが、結果的に政策優先順位の錯誤を生んだ。

ということが指摘されている。

太閤・豊臣秀吉の死後の出来事

太閤・豊臣秀吉の死後の徳川家康の動向。

  • 1598年(慶長3年)8月18日、太閤・豊臣秀吉が死去。
  • 1598年(慶長3年)10月25日、五大老・五奉行より、日本軍の朝鮮からの帰国が命じられる。11月半ばまでに撤退は完了。

五大老筆頭・家康は秀吉から生前、嫡子・豊臣秀頼が成人するまでの間、政治を託された。よって家康は台頭する。

太閤・豊臣秀吉の死因。毒殺?それとも脚気・大腸癌・腎虚あたりか?
太閤・豊臣秀吉の死因については多くの説がある。死因についての記録が残っていないのが原因であるのだが、前から不思議には思っていた。死因についての記事ではあるが、特に毒殺説にスポットをあてている。根拠はないが、毒殺説ではないかと管理人自身は思っているからだ。他の諸説も記述している。
五大老・五奉行。豊臣政権での合議制、対徳川家康の意味あいが強い
1595年(文禄4年)に起きた豊臣秀次事件は豊臣政権に政治危機をもたらした。秀吉の嫡男・秀頼も幼少である。そこで秀吉は、有力大名が連署する形で「御掟」五ヶ条と「御掟追加」九ヶ条を発令して政権の安定を図る。秀吉起死回生の策「五大老・五奉行」制度は上手くいくはずだった・・・。

家康は諸大名の屋敷を訪問している。

  • 1598年(慶長3年)11月26日、長宗我部元親の屋敷。
  • 1598年(慶長3年)12月3日、新庄直頼の屋敷。
  • 1598年(慶長3年)12月6日、島津義久の屋敷。細川幽斎の屋敷。
  • 1598年(慶長3年)12月11日、増田長盛の屋敷。
  • 1599年(慶長4年)1月3日、島津義弘(義久の弟)の屋敷。島津忠恒(義弘の三男)の屋敷。

この訪問は他の大老・奉行には無断で行われており、豊臣政権の法令の一つ「傍輩のうち、その徒党を立つべからず」に反するものであった。

諸大名との縁組

徳川家康は、他の大老・奉行に無断で諸大名との縁組を行っている。

  • 松平忠輝(家康の六男)と五郎八姫(伊達政宗の娘)。
  • 満天姫(松平康元の娘、家康の姪で養女)と福島正之(福島正則の養子)。
  • 万姫(小笠原秀政の娘、家康の曾孫で養女)と蜂須賀至鎮(蜂須賀家政の嫡男)。
  • かな(水野忠重の娘、家康の従妹で養女)と加藤清正。
  • 栄姫(保科正直の娘、家康の姪で養女)と黒田長政。

石田三成襲撃事件・七将襲撃事件

諸大名との縁組は、豊臣政権の法令の1つ「諸大名の無許可での縁組の禁止」に違反する行為であった。

  • 1599年(慶長4年)1月21日、豊臣氏から無断婚姻の問罪使として三中老(生駒親正・中村一氏・堀尾吉晴)らが派遣。家康は追求をかわした。
  • 1599年(慶長4年)2月2日、家康が前田利家・石田三成らと誓紙を交わして和睦。
  • 1599年(慶長4年)閏3月3日、前田利家が死去。

石田三成と対立関係にあった加藤清正・福島正則ら七将が、三成の大坂屋敷を襲撃。「石田三成襲撃事件」「七将襲撃事件」である。

三成は事前に襲撃を知り、佐竹義宣の助力を得て伏見城内の自邸に逃れる。なお家康邸に逃げ込んだとするのは根拠のない俗説である。

家康は仲裁に乗り出し、三成は五奉行から退隠、佐和山城に蟄居となる。

石田三成。三献茶から佐和山城主、五奉行の一人~関ヶ原の戦い
石田三成は秀吉が天下人になると秀吉の子飼いから次第に台頭する。確かに三成は槍働きの武将ではない。忍城水攻めの失敗から戦下手のイメージもある。秀吉の子飼いでも福島正則などとは正反対の武将だ。歴史とは勝者が都合よく伝えたものがほとんどである。三成の研究が進むことを望む。でもなんだろう石田三成のことを思うと切なくなる・・・。
石田三成襲撃事件。三成と七将の対立~結城秀康と石田正宗
豊臣秀吉の死後、関ヶ原の戦いまでの大きな出来事として「石田三成襲撃事件」がある。徳川家康の仲裁により石田三成は隠居させられます。豊臣政権の武断派と文治派の対立が表面化され、結果的に家康に利用されました。結城秀康は三成を佐和山城まで送り届け、三成から「名刀・正宗」を譲られている。秀康は「石田正宗」と名付け終生愛用。
加藤清正。賤ヶ岳の七本槍だが、従五位下主計頭に込めた秀吉の思い
熊本城築城、賤ヶ岳の七本槍、虎退治、地震加藤などで有名な加藤清正。エピソードが多い武将だ。意外だが、文禄・慶長の役まで大軍を指揮していない。当初から石田三成と対立していたわけではなく、ただの「猪武者」でもないようだ。勇猛果敢な豪将のイメージがあるが最初の官位は従五位下・主計頭である。そこに込めた秀吉の思いとは・・・。
福島正則。羽柴清須侍従、広島城改修などが原因で晩年は改易
福島正則は羽柴清須侍従などと呼ばれた。幼少期を秀吉の小姓として加藤清正らと育っている。また賤ヶ岳の七本槍の一人としても有名。朝鮮出兵後は、石田三成らの文治派と対立する。会津征伐に従軍し、小山評定では重要な役割を果たし、関ヶ原の戦いで東軍が勝利する流れを作った。

徳川家康暗殺疑惑事件

徳川家康暗殺疑惑事件。家康と正信の謀略と言われ、前田家を封じる,アイキャッチ画像

1599年(慶長4年)9月7日、家康は大坂へ入った。宿所は石田三成の屋敷。

  • 1599年(慶長4年)9月9日、重陽の節句のために大坂城に登城。
  • 1599年(慶長4年)9月12日、宿所を石田正澄(三成の兄)の屋敷に変更。
  • 1599年(慶長4年)9月28日、大坂城西の丸に入る。
  • 1599年(慶長4年)10月2日、浅野長政・前田利長・土方雄久・大野治長らを家康の暗殺を謀ったとして処罰。いわゆる徳川家康暗殺疑惑事件

徳川家康暗殺疑惑事件は、大坂城に登城した9月9日の出来事としている。

10月2日には以下の裁定がくだった。

  • 浅野長政:隠居後、徳川領の武蔵・府中で蟄居。
  • 大野治長:下総・結城秀康のもとへ追放。
  • 土方雄久:常陸国水戸・佐竹義宣のもとへ追放。
  • 前田利長:加賀征伐で脅す。生母・芳春院を江戸に人質として差し出させている。

徳川家康暗殺疑惑事件。家康と正信の謀略と言われ、前田家を封じる
豊臣秀吉の死後、徳川家康は天下への野望を隠さなかった。1599年(慶長4年)には石田三成襲撃事件・徳川家康暗殺疑惑事件が起きている。今回は徳川家康暗殺疑惑事件を取り上げる。2つの事件に共通しているのは、徳川家康の存在が大きくなったことだ。徳川家康暗殺疑惑事件は家康と本多正信の謀略とも言われている。
大野治長。大野修理と呼ばれ、母は大蔵卿局。淀殿との密通は本当?
大野治長といえば、豊臣秀頼の側近で、淀殿との密通の噂があるくらいしか知りませんでした。やはり母が大蔵卿局だからだろうか。大蔵卿局あっての大野治長だと思う。豊臣家滅亡時の重臣というか舵取りをしていたほどの重要人物である。管理人は「大野修理」のほうがしっくりくる。
前田利長。母・芳春院(まつ)を人質に差し出し、慶長危機を乗り切る
前田利長。父は前田利家。母・芳春院(まつ)。正室・永姫は織田信長の娘。羽柴肥前守、越中少将と呼ばれ、追贈された官位は正二位・権大納言。徳川家康暗殺疑惑事件では、徳川家康に嫌疑をかけられ、あわや「加賀征伐」の手前であった。これら一連は「慶長の危機」と呼ばれる。

家康は豊臣氏の「蔵入地」を諸大名に分け与えた。

  • 遠江浜松12万石の堀尾吉晴に越前府中5万石を加増。
  • 丹後宮津12万石の細川忠興に豊後杵築6万石を加増。
  • 美濃金山7万石の森忠政を、信濃川中島13万7000石に加増移封。
  • 対馬府中1万石の宗義智に1万石を加増。

細川忠興。本能寺の変後は正室・玉子を幽閉、茶道・三斎流の開祖
「茶道四祖伝書」では、細川忠興は「天下一気の短い人物」と書かれた。父は細川藤孝(幽斎)。正室は明智玉子(洗礼名:ガラシャ)。父・幽斎(藤孝)と同じ教養人で、和歌や能楽、絵画にも通じた文化人であった。著書には「細川三斎茶書」がある。「利休七哲」の一人に数えられ、茶道の流派・三斎流の開祖。

直江状

家康の政治的影響力が強まる中、五大老のひとりである上杉景勝は家臣・直江兼続に命じて神指城を築城させるなど軍事力の増強に乗り出す。

この景勝の動向は、近隣の大名である最上義光や堀秀治らによって家康に報告されていた。

  • 1600年(慶長5年)2月、越後・堀秀治は会津・上杉景勝が軍備を整えて謀反の兆候があると訴えでる。
  • 1600年(慶長5年)3月11日、上杉家重臣・藤田信吉が出奔し、景勝の謀反を訴えた。

信吉は、家康と景勝の関係の修復に努めていたが、上杉家から追放された。

  • 1600年(慶長5年)4月1日、家康は景勝に対して伊奈昭綱、河村長門(増田長盛の家臣)の両名を問罪使として派遣。
  • 1600年(慶長5年)4月13日、伊奈昭綱と河村長門(増田長盛の家臣)が、会津に到着。

このとき家康は西笑承兌に弾劾状をしたためさせている。その内容は景勝の軍事力増強を咎め、異心が無いのであれば誓書を差し出した上で上洛し、弁明すべきというものである。

これに対して兼続は4月14日付で「直江状」を家康に送っている。以下はその一部である。

「当国の儀、其の元に於て種々雑説申すに付、内府(家康)様御不審の由、尤も余儀なき儀に候」

「内府様又は中納言(徳川秀忠)様、御下向の由に候間、万端、御下向次第に仕る可く候」

西笑承兌。文禄の役後の講和交渉で冊封状を読み、直江状の宛先
西笑承兌。臨済宗の僧。相国寺承兌とも呼ばれる。号は月甫、南陽。豊臣秀吉や徳川家康の顧問・外交僧的役割を務める。諸法度や外交文書の起草、学問奨励策や寺社行政の立案や、法要などの仏事の運営に重要な役割を果たした。

  • 1600年(慶長5年)5月3日、直江状が家康の下に届く。
  • 1600年(慶長5年)5月3日、上杉景勝の征伐を決する。

会津征伐の先鋒は福島正則、細川忠興、加藤嘉明が任じられた。伏見城の留守には家康の家臣・鳥居元忠が任じられた。

会津征伐の決定を受けて、前田玄以や長束正家らによって征伐の中止が嘆願されたが、家康は容れなかった。

鳥居元忠。秀吉からの官位を断る家康への忠義、伏見城の戦いで戦死
忠義の三河武士・鳥居元忠。徳川十六神将。豊臣秀吉からの官位の推挙は固辞。下総香取郡矢作藩(千葉県香取市矢作)の藩祖。1600年(慶長5年)、伏見城の戦いで壮絶な最期をとげている。家康は伏見城の血染め畳を江戸城の伏見櫓の階上におき、登城した大名たちに元忠の精忠を偲ばせている。伏見城の床板は「血天井」として現在も伝わる。
長束正家。丹羽長秀に仕え、秀吉の直参に。五奉行の末席に加わる。
長束正家は、はじめ丹羽長秀に仕える。のち秀吉の直参として奉公衆に抜擢。官位は従五位下・大蔵大輔から従四位下・侍従。近江国水口岡山城主。五奉行の末席に名を連ねる。関ヶ原の戦いでは、石田三成方の西軍に味方するが、捕らえられ切腹。管理人にとって長束正家といえば、映画「のぼうの城」で俳優・平岳大さんが演じた長束正家が印象的。

会津征伐の経緯

1600年(慶長5年)6月2日、関東の諸大名に対して会津征伐の陣触れが出される。

  • 1600年(慶長5年)6月6日、大坂城西の丸にて、会津征伐における評定が開かれる。
  • 1600年(慶長5年)6月8日、後陽成天皇より、晒布100反が家康に下賜。
  • 1600年(慶長5年)6月15日、天野康景と佐野綱正が家康出陣中の大坂城西の丸留守居に任じられる。
  • 1600年(慶長5年)6月15日、秀頼より黄金2万両と米2万石が、家康に下賜。
  • 1600年(慶長5年)6月16日、大坂城より出陣。
  • 1600年(慶長5年)6月18日、伏見城を発つ。

後陽成天皇・秀頼の名前がある通り、朝廷と豊臣家の許しを得たことになる。

豊臣秀頼。母は淀殿、豊臣家の公達。本当に秀吉の実子なのか?
秀頼が誕生したことにより、多くの人の運命が狂った。別に秀頼のせいではないが、豊臣秀次は典型的な人物であろう。秀次死後、秀吉の期待を一心に背負い秀頼は成長する。豊臣家のプリンス・公達として・・・。豊臣政権の永続を願い崩壊が始まってることに気づかず秀吉は死んだ。そして豊臣政権は永続しなかった・・・。

  • 1600年(慶長5年)6月23日、浜松に宿営。
  • 1600年(慶長5年)6月24日、島田に宿営。
  • 1600年(慶長5年)6月25日、駿府に宿営。
  • 1600年(慶長5年)6月26日、三島に宿営。

  • 1600年(慶長5年)6月27日、小田原に宿営。
  • 1600年(慶長5年)6月28日、藤沢に宿営。
  • 1600年(慶長5年)6月29日、鶴岡八幡宮に参拝して戦勝を祈願。
  • 1600年(慶長5年)7月2日、江戸城に入る。

上方では、

  • 1600年(慶長5年)7月2日、宇喜多秀家が出陣式を行う。
  • 1600年(慶長5年)7月17日、三成が大谷吉継や毛利輝元らを糾合して挙兵。

大谷刑部少輔吉継。義の人、石田三成との友情~関ヶ原の戦いで散る
大谷吉継の前半生は少し謎の部分が多いです。「秀吉の隠し子説」は根拠がないが好きな話です。奉行としては優秀だったようです。大谷刑部に関しては賛否両論があり過大評価なんて声もあります。あまり解明されていないからミステリアスでもあり、人気があるのかもしれません。やはり関ヶ原の戦いでの強烈な奮戦と死に様でしょうか・・・。

  • 1600年(慶長5年)7月19日、徳川秀忠を総大将とする軍勢を会津に向けて派遣。
  • 1600年(慶長5年)7月21日、家康が会津に向けて江戸城を出陣。
  • 1600年(慶長5年)7月24日、下野・小山にて、鳥居元忠の急使により三成らの挙兵を知る。
  • 1600年(慶長5年)7月25日、会津征伐に従軍した諸大名を招集し軍議を開催。「小山評定」である。

三成らの挙兵を知った家康は直ちに会津征伐を中止、小山評定を開いて今後の対応を協議する。景勝に対しては結城秀康の軍勢を抑えとして残し、家康は反転西上して三成らの討伐に向かった。

景勝もこれを受けて後顧の憂いを絶つため出羽の最上義光を攻略することに方針を転換する(慶長出羽合戦)。

このため徳川軍と上杉軍の直接対決はなかった。

小山評定。家康包囲網を打破し、関ヶ原の戦い勝利の流れを作る
徳川家康は会津征伐のため下野小山に到着。鳥居元忠の使者から石田三成が挙兵し伏見城攻撃を開始した知らせを受ける。1600年(慶長5年)7月25日、会津征伐に従軍した諸大名を招集し軍議を開催。「小山評定」である。西軍・東軍の選別がなされ、東軍が一致団結した大きなイベントであることは間違いない。その流れで関ヶ原の戦いに至る。

参考サイト

参考サイトは以下のとおりです。本当にありがとうございました。

会津征伐 – Wikipedia

関連記事

関連記事リンクをまとめてみました。よろしかったらご利用ください。

2016年大河ドラマ「真田丸」レビュー記事

1985年新大型時代劇「真田太平記」レビュー記事

まとめ

会津征伐は、徳川家康のシナリオどおりだっただろう。

石田三成らが留守中に上方で挙兵することは十分考えられた。もし挙兵しなければ、そのまま上杉家を征伐してしまえばいいと思ったに違いない。

家康は、伏見城を任せた鳥居元忠と「別れの酒」を酌み交わしている・・・。

それでは感謝の気持ちでしめます。いつもありがとうございます・・・。by aki(@aoplanning_com)

お読みくださってありがとうございました。それでは。

スポンサーリンク

フォローする(Push7もあります)