豊臣秀長。兄・秀吉を支える豊臣家の良識、大和宰相~大和大納言

豊臣秀長。兄・秀吉を支える豊臣家の良識、大和宰相~大和大納言,アイキャッチ画像
この記事の所要時間: 834(文字数:5,142文字)

羽柴(豊臣)秀長。兄・秀吉を支える豊臣家の良識。もとは尾張国中村生まれの百姓である。兄・秀吉が天下人になると100万石を超える大大名になった。領地と官位から大和宰相、大和大納言と呼ばれた。豊臣政権では政権運営の調整役であり、政権の安定には欠かせぬ人物だった。また秀吉に異を唱え制御できる唯一の人物であったのだが・・・。

こんにちは、こんばんは、はじめまして、毎度です(笑)。aoplanning.comの管理人aki(@aoplanning_com)です。

豊臣家の人々を狂気であるとするならば、羽柴秀長は唯一まともな人物であるイメージがある・・・。

歴史好きの管理人が好き勝手に記事投稿します。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

豊臣秀長

豊臣秀長(とよとみのひでなが/とよとみひでなが)。羽柴秀長(はしばひでなが)。1540年(天文9年)3月2日~1591年(天正19年)1月22日。

父は竹阿弥。母は仲(大政所)。尾張国愛知郡中村(現在の名古屋市中村区)生まれ。

改名は木下長秀、羽柴秀長、豊臣秀長。幼名は小竹。通称は小一郎。別名は大和大納言。

兄弟は智、秀吉、旭。官位は従二位・権大納言。妻は智雲院。

子は小一郎(夭折)、おきく(豊臣秀保室)、大善院(毛利秀元室)。養子は秀保、仙丸、岩(名古屋山三郎の妹。小一郎室、のちに森忠政室)。

墓所は奈良県大和郡山市(大納言塚)、京都市大徳寺大光院。戒名は大光院殿前亜相春岳紹栄大居士。

大政所(仲・なか)。太閤・秀吉、大和大納言・秀長、朝日姫の母
大政所(仲・なか)。子には豊臣秀吉、秀長、日秀、朝日姫(旭姫・駿河御前)。秀吉が関白になったことにより従一位を賜っている。法名は天瑞院春岩。秀吉が天下人になったため、途中から人生が劇的に変わった人物である。僅かな期間であるが年老いてから、息子・秀吉のため徳川家康の人質になっている。死後に後陽成天皇から准三后を追号。
平野長泰。賤ヶ岳の七本槍のひとりだが、唯一人大名になれていない
「真田丸」で平野長泰が登場するとは思っても見なかった。賤ヶ岳の七本槍のひとりだが、唯一人大名になれていない。平野氏は鎌倉幕府の執権・北条氏の庶流の子孫、父・長治は清原業賢の子(清原宣賢の孫)とする説がある。秀吉からは大和国・十市郡田原本近隣七ヶ村に5千石の知行を与えられ、従五位下・遠江守に叙任。豊臣姓を下賜。

備中高松城の戦いまで

兄・秀吉とは異父弟ということになってるが、同父弟説もある。

秀吉に仕え始めた時期の正確な記述はなく、秀吉と「ねね(高台院)」との婚礼(1564年(永禄7年))の後という説が多数である。

  • 1573年(天正元年)、兄・秀吉が長浜城主となる。城代を務めることもあり、秀吉と丹羽長秀または織田信長から一字ずつ貰って長秀(後に秀長と改名)の諱を使用し始める。
  • 1574年(天正2年)、秀吉の代理で長島一向一揆討伐に出陣。
  • 1575年(天正3年)、羽柴の名字を与えられる。
  • 1577年(天正5年)、播磨国に赴き、但馬攻めに参戦。竹田城の戦いにより竹田城が斎村政広によって落城。竹田城代。
  • 1578年(天正6年)、別所長治が反旗を翻し制圧。再度、但馬攻め。黒井城の戦いに援軍として参戦。
  • 1579年(天正7年)、別所長治の三木城への補給を断つため丹生山を襲撃。三木合戦。
  • 1580年(天正8年)1月、別所一族が切腹することにより三木合戦が終戦。
  • 1580年(天正8年)、秀吉軍が山名氏の但馬出石城・有子山城を落城させ、当主・山名祐豊を滅ぼし但馬国平定。出石城主となる。
  • 1581年(天正9年)3月、毛利家・吉川経家が鳥取城に入城。鳥取城の戦いにより秀吉は鳥取城を兵糧攻めにする。
  • 1581年(天正9年)10月、経家の切腹により終戦。
  • 1582年(天正10年)4月、備中高松城の戦い。秀吉軍は備中・高松城を包囲し、水攻めにする。
  • 1582年(天正10年)6月、城主・清水宗治が切腹。

秀長は兄・秀吉の信任厚く、秀吉陣営の最重要の人物に成長している。

本能寺の変~四国攻め

本能寺の変から四国平定までを簡単にまとめた。

  • 1582年(天正10年)6月2日、本能寺の変。明智光秀の謀反により織田信長が横死。
  • 1582年(天正10年)6月、中国大返し。毛利家と和睦協定を結び、畿内へ撤退を開始。
  • 1582年(天正10年)6月、山崎の戦い。黒田孝高と共に天王山の守備にあたる。
  • 1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦い。美濃守に任官。播磨・但馬の2ヶ国を拝領して姫路城を居城とする。
  • 1584年(天正12年)、小牧・長久手の戦い。秀長は守山に進軍し、織田信雄を監視。信雄との講和交渉では秀吉の名代として直接交渉に赴く。
  • 1585年(天正13年)、紀州征伐。秀次と共に秀吉の副将となる。紀伊・和泉などの約64万石余の所領を与えられる。
  • 1585年(天正13年)、和歌山城の築城。藤堂高虎を普請奉行に任命。

小牧・長久手の戦いでは甥・羽柴秀次が失態により秀吉に激しく叱責されたが、その後の紀伊・四国への遠征では秀長と共に従軍し、秀吉に対する秀次の信頼回復に尽力をしている。

  • 1585年(天正13年)6月、四国攻め。病気で出陣できない秀吉の代理人として、10万を超える軍勢の総大将になっている。
  • 1585年(天正13年)閏8月、長宗我部元親を降した功績を賞され、播磨国、但馬に、大和国を加増されて、合計100万石で郡山城に入る。

秀長は盗賊の追補を通達(廊坊家文書)、検地実施(諸家単一文書)、全5ヶ条の掟の制定(法隆寺文書)を行うなど多くの政策を実施するなど内政面でも辣腕であった。

清州会議。羽柴秀吉と柴田勝家の命運を分けた織田家宿老会議
清州会議によって羽柴秀吉と柴田勝家の立場は逆転した。逆臣・惟任(明智)日向守光秀を秀吉が討ったことが大きいのだろう。筆頭家老・勝家の影響力は低下し、秀吉が重臣筆頭の地位を確立して、織田家の勢力図は大きく変化した。勝家は秀吉によって滅ぼされ、天下取りへの道を駆け上がった。織田家の後継者決定、領地再分配を目的とした会議。
羽柴秀吉が織田家臣筆頭を確立した賤ヶ岳の戦い。賤ヶ岳の七本槍
清州会議以降、羽柴秀吉と柴田勝家の対立は、日を追うごとに激しさを増していた。賤ヶ岳の戦いで両雄が激突。羽柴秀吉が大勝利し、織田信孝・柴田勝家を自害に追い込み、滝川一益を降伏されている。秀吉は織田家臣筆頭の地位を確立。表面上は三法師を奉じて、実質的に織田家中を牛耳る。これ以降、秀吉は天下人への階段を駆け上がるのである!
羽柴秀吉VS徳川家康。小牧・長久手の戦い、連動して全国規模に
小牧・長久手の戦いは羽柴秀吉が不利でしたが織田信雄との和議がすべてではないようでしょうか。負けなかった徳川家康の強さも知れ渡ります。秀吉は家康を臣従されるのには苦労します。妹を家康の正室に、母の大政所を人質に出します。秀吉は小牧・長久手の戦いを契機に朝廷にも接近します。やがて関白までになり天下統一を果たします。

豊臣政権

豊臣政権での秀長を簡単にまとめた。

  • 1586年(天正14年)2月8日、摂津国・有馬湯治。この頃より体調が崩れやすくなった。湯治中に金蔵院・宝光院などが見舞いとして訪れており、本願寺顕如からも使者が訪れている。
  • 1586年(天正14年)10月26日、徳川家康が大坂に到着。秀長邸に宿泊。秀吉自ら家康の前に現れて臣従を求める出来事が起きている。
  • 1586年(天正14年)、大友宗麟が島津氏の圧迫により窮地に陥った。秀吉の参戦介入と救済を求めて上洛。
  • 1586年(天正14年)8月、北山一揆。秀長も出陣したが、豪雪のため征伐は留まっている。

秀吉は大友宗麟を親切にもてなし「内々の儀は宗易(千利休)、公儀の事は宰相(秀長)存じ候」と述べた。

  • 1587年(天正15年)、九州平定。日向方面の総大将として出陣。耳川の戦い、根白坂の戦い。島津家久が講和に秀長を訪ね、日向方面の進軍は終了。
  • 1587年(天正15年)8月、九州平定の功により従二位・権大納言に叙任。
  • 1588年(天正16年)、紀伊・雑賀で代官・吉川平介が、秀長に売買を命じられた熊野の材木2万本の代金を着服する事件が起きた。吉川は処刑され、秀長自身も責任を問われた。
  • 1589年(天正17年)1月1日、大坂城で諸大名と共に、秀吉に新年祝賀の太刀進上を行う。
  • 1589年(天正17年)、北山一揆鎮圧。
  • 1590年(天正18年)1月頃、病が悪化。小田原征伐には参加していない。
  • 1590年(天正18年)10月、秀次が秀長の病気回復の祈願のため談山神社を訪れる。
  • 1591年(天正19年)1月22日、秀長は大和郡山城で病死。享年52。

家督は養嗣子・甥(姉・智の息子、秀次の弟)の秀保が相続。

大和郡山城には金子56,000余枚、銀子は2間四方の部屋に満杯になる程の金銀が備蓄されていたといわれる。

秀長の家系は4年後、秀保の早世により断絶。

大阪市中央区の豊國神社には、兄・秀吉、甥・秀頼と共に祀られている。

羽柴秀吉、関白相論に介入して関白宣下。武家関白制をめざす
羽柴(豊臣)秀吉は武家関白制を目指します。征夷大将軍就任を断った説もありますが定かではありません。秀吉の登場により朝廷は混乱。五摂家による関白の持ち回りの崩壊、気前よく官位を与えたことにより官位が不足。秀頼誕生により秀次事件。秀吉死後、関白不在、大臣は徳川家康だけでした。秀吉が秀頼のために空位にしていたのです・・・。
「源平藤橘」に次ぐ氏(うじ)「豊臣」を賜る秀吉。氏姓は豊臣朝臣
大河ドラマ「真田丸」第14話「大坂」の予告で秀吉演じる小日向文世が「とよとみのひでよし」と高らかに名乗っている。なるほどと思い「豊臣氏」について記事投稿します。豊臣氏は摂関家になった。藤原良房以来700年にわたって継続されてきた藤原氏の摂政関白が中断。秀吉は豊氏長者・藤氏長者でもあり武家関白制を目指すこととなった。

豊臣秀長の官歴

羽柴(豊臣)秀長の官歴を簡単にまとめた。

  • 1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦いの功により従五位下・美濃守。
  • 1585年(天正13年)10月4日、従四位下参議兼右近衛権中将。「大和宰相」
  • 1586年(天正14年)10月4日、従三位・権中納言。
  • 1587年(天正15年)8月8日、従二位・権大納言。徳川家康と同位同日に任官。「大和大納言」
  • 1588年(天正16年)4月15日、後陽成天皇が聚楽第へ行幸。天皇に諸大名が提出した起請文では、唯一豊臣姓を署名。

管理人が思う秀長

「真田丸」第16話「表裏」感想。豊臣家の癒やし、大和宰相・羽柴秀長,画像01

他の豊臣家の人々を狂気として捉えたかったので、タイトルであえて「豊臣家の良識」と言う言葉を使ってます。

秀吉を天下人にするために秀長自身、狂気の部分もあったのだろう。それを覆すくらいな人徳のある人物だったのであろう。管理人は、そう考える。

秀吉が大友宗麟に言っているように、秀長と千利休が両輪だったのだと思う。

秀長だけが秀吉に異を唱える事ができ、秀吉を制御できた。

二人が亡くなってからの豊臣政権は変わった。秀次事件・朝鮮出兵・・・。

秀吉は自らの手で、豊臣政権を破壊していく。

異を唱える人物がいなくなった瞬間に組織は崩壊していく。イエスマンしかいない組織は先が見えている。

それは現代でも同じだ。人間が組織を作っている以上、これからも変わらないだろう・・・。

大河ドラマ「真田丸」では千葉哲也が演じる

大河ドラマ「真田丸」では羽柴秀長を千葉哲也が演じる。

1996年放送「秀吉」で羽柴秀長を演じたのは高嶋政伸。

そう「真田丸」では北条氏政を演じていて、「怪優」なんて言われてます(笑)。

感慨深いですね~。

機会があれば「秀吉」での羽柴秀長を見てみてください。

参考サイト

参考サイトは以下のとおりです。本当にありがとうございました。

豊臣秀長 – Wikipedia

関連記事

関連記事リンクをまとめてみました。よろしかったらご利用ください。

2016年大河ドラマ「真田丸」レビュー記事

1985年新大型時代劇「真田太平記」レビュー記事

まとめ

管理人は豊臣家の中で、羽柴秀長が一番好きだ。内政も軍事にも優れているイメージがある。

秀長の人生は、兄・秀吉とともに歩んだ人生と言ってもいい。秀長がいなかったら、秀吉は天下人になっていなかったであろう。

それくらい秀吉にとって秀長は大きな存在だ!

秀長は何を思い死んでいったのだろう。もしかしたら、中村の百姓で終わったほうが幸せだったのではないだろうか。

管理人は秀長のことを考えると、そんなことを思ってしまう・・・。

それでは感謝の気持ちでしめます。いつもありがとうございます・・・。by aki(@aoplanning_com)

お読みくださってありがとうございました。それでは。

スポンサーリンク

フォローする(Push7もあります)

コメントの入力は終了しました。